MENU

かっこいい髭の長さはどれくらいなのか

顔を押さえる髭男性

 

ファッションとして髭を生やしたいのであれば、どのようなスタイルにするのかは重要です。そして、それと同じくらい重要なこととして、どれくらいの長さにするのかという問題があります。人によって長さは様々で、うっすらと見えるくらいにしている人もいれば、それこそ数十センチにしている人もいます。後者の場合は、そこまで伸ばすのも大変ですし、維持や手入れにかかる手間もかなりのものになります。しかし、ここでポイントになるのは、ファッションのためにどれだけかっこいい状態にできるのかです。

 

ポイントになるのは、3mmと6mmです。若い頃だと、顔もまだ幼いので、長すぎるとバランスが悪くなってしまいます。ちぐはぐな印象を受けてしまうので、かっこいいとは言えません。そのため、10代〜20代の頃は、さりげなさを演出する3mmほどが良いとされています。30代になってくると、顔も年相応に変化してきます。そうなると、若かった頃にはなかった貫禄が出てくるようになるので、6mmくらいが良いのです。これはどんなスタイルにも言えることですが、かっこいい長さを目指しているなら、まずはこの数字を基準に考えてください。もちろん、これは一般的に良いとされている数字なので、それ以外は論外と言うほど乱暴な話ではありません。ただ、多くの人がこの長さをベストと考えていることは、実際に自分の髭をそれくらいに整えてみたときに実感できます。

 

実際のところ、髭は生やし方を間違えると一気にイメージが悪くなってしまいます。自分ではおしゃれなつもりでも、かっこわるく見えてしまうことも少なくありません。無精髭がかっこいいというイメージを持っている人もいますが、異性の視点では不潔でだらしないとしか思われないこともあるので注意してください。自己満足だけではなく、誰にどのように見られるのかまで考えてこそ、ファッションとして成り立つものです。どんな長さでどんな整え方が良いのかについて、一度しっかりと考えてみましょう。